総量規制の導入で借入総額が年収の1/3までに制限

総量規制の導入で借入総額が年収の1/3までに制限

5分で分かる!総量規制

2010年6月18日に改正貸金業法が完全施行され、総量規制が導入されたことにより、お金を借りる時の上限金額に規制が設けられました。

規制内容は「借りられる金額が年収の3分の1までに制限」というものです。

たとえば、あなたがどこからも借入れがなく(借金0円)、年収が300万年だとしたら、借りられる金額は年収の1/3の100万円までということです。

借りられる金額が年収の3分の1までに制限

もし、あなたがすでに借入れ(借金0円)があった場合には、年収の1/3の金額から借金額を引いた金額が、借りられる金額の上限となります。

年収の3分の1から借金の額を引いた金額が借りられる金額

ただし、総量規制の対象となるローン・借り入れ・借金とは、主に「消費者金融などの貸金業社からの借入れ」と「クレジットカードのキャッシング枠からの借入れ」です。

総量規制の対象となるローン・借り入れ・借金

一方、以下の項目は総量規制の対象外となります。

総量規制の対象外になるローン・借入れ

総量規制の対象外になるローン・借り入れ・借金

総量規制の対象外となるローンには、主に次のものがあります。

  • 銀行のカードローン
  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • クレジットカードのショッピング枠を使った商品購入

つまり、あなたの年収が300万円で、自動車ローンが100万円ある場合でも、消費者金融からは年収の1/3である100万円まで借りられるということです。

また、銀行のカードローンからも借りることができます。

収入証明書類が必要なケース

お金を借りる時に収入証明書類が必要なケース

次の2つの条件に当てはまる場合、「収入証明書類」の提出が必要になります。

  • 50万円を超える金額を借りたい場合
  • 借りたい金額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超える場合

提出する「収入証明書類」は、以下のものからいずれか1点を用意します。

  • 給与証明書
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税額通知書・所得(課税)証明書

専業主婦の場合

もしあなたが専業主婦の場合、書類を提出すれば、夫の年収の3分の1まで借りることができます。

女性ローン オススメランキング!

ランキング1位
レディースキャッシング プロミス »
実質年率:4.5%〜17.8%
パート、アルバイトでも申込OK!

詳細

ランキング2位
レディース レイク »
実質年率:4.5%〜18.0%
主婦、パート、アルバイト、契約社員、派遣社員も申込OK!