2010年6月18日以降、専業主婦が消費者金融からお金を借りづらくなっている理由

専業主婦が消費者金融からお金を借りづらくなっている理由

専業主婦が消費者金融からお金を借りづらくなっている理由

2010年6月18日に改正貸金業法が完全施行され、貸入れ額が年収の3分の1まで制限される総量規制が導入されてから、今まで消費者金融でお金を借りることができたのに、急に借り入れができなくなった人たちがいます。

特に、専業主婦はほとんど場合、借りることができなくなっているようです。

なぜ、専業主婦がお金を借りることができなくなったのか?

それは、本人が働いていないからです。

しかし、借入をする時に必要な書類を用意すれば、法律上は専業主婦でも消費者金融からお金を借りることができます。

しかし、実際には専業主婦に対する貸し付けを控える方針を打ち出している貸金業者もあるという報道をテレビで耳にします。

その理由は、書類の手続きが煩雑で信用調査に時間がかかるので、コストがかかるからです。

簡単に言ってしまうと、他の層に比べて、専業主婦に貸す時には余分な仕事が増えるということですね。

このような事情があり、2010年6月18日以降、急にお金を借りられなくなった主婦たちが増えたのです。

しかし、当サイトで紹介している消費者金融なら、パートやアルバイトをして、毎月一定の収入があれば、審査のうえ利用が可能となっています。

もし、どこの会社も貸してくれなくて困っているという主婦がいるなら、まずはパートやアルバイトを見つけることから始めるのが現実的な手段だと思います。

女性ローン オススメランキング!

ランキング1位
レディースキャッシング プロミス »
実質年率:4.5%〜17.8%
パート、アルバイトでも申込OK!

詳細

ランキング2位
レディース レイク »
実質年率:4.5%〜18.0%
主婦、パート、アルバイト、契約社員、派遣社員も申込OK!